治病求本


病を治するには必ず本を求む
病気には、かならず症状と症状を作り出す本質とがある。
病気を治すためには、必ず病気の本質となる物を探らなければならない。
漢方は常に病気の治癒を目指してきました。
単純な対症療法ではなく、いかにすれば人は健康でいられるかを考え、
病気の原因を探るのではなく、なぜ病気になったのかを追い求めてきました。

現代の医学は万能ではありません。
治せない病気はたくさんあります。
同じように漢方薬でも治すことが困難な病気がたくさんあります。
しかし、漢方は万能です。
万能という言葉を使うのは間違いかもしれませんが、
漢方は人に起きうる全ての病気、症状に対処する事が出来ます。
例えば、腰が痛い、あるいは微熱が続くといった症状でも良いでしょう。
病院へ行き様々な検査をしても分からず、
異常はありません”と言われる
これはよくある事です。
漢方、中医学では自覚症状があれば、その時点で治療法が決定されます。
患者さんが痛いと言えば、痛いんです。
明らかに治療対症となる症状があるのですから、
このサイトは、
病の本質、人が健康を失う原因を少しでも分かっていただき、
正しい治療にたどり着ける人が1人でも多くなることを願って運営していきます。